最近では、晩婚化がすすんでいますよね。

 

晩婚化によって、6組の夫婦の内、1組の夫婦が不妊だと言われています。

 

そのため不妊治療をしている夫婦も、毎年増加しているそうです。

 

私たち夫婦もずっと不妊治療をしていましたが、姙娠したいのにできない期間がずっと続いていました。

 

妊娠したいのにできない私が妊娠できた方法

 

でも、ある方法を試してみたら、2ヶ月あまりで妊娠できたんです!

 

そんな妊娠したいのにできない私が、妊娠できた体験談をご紹介しますので、不妊治療中の方やなかなか妊娠できなくて焦っている方などの参考になれば嬉しいです。

 

 

妊娠したいのにできない40代の私が妊娠できた体験談

 

妊娠したいのにできない40代の私が妊娠できた方法と体験談

 

結婚当初はすぐに子どもは考えていなくて、そのうち自然に授かれるだろうと思いながら、結婚から8年が経ちました。

 

私の年齢が38歳になった頃に、夫と共に不妊治療専門のクリニックの門を叩きました。

 

血液検査や卵管造影などの検査をし、排卵促進剤を飲みながら、タイミング法を取っていましたが、41歳になっても授かれませんでした。

 

年齢の事もあり、早めのステップアップを勧められた時、何か自分にもできることはないかと、ネットで色々検索をしました。

 

その時見つけたのが、「ウムリン」と「ショウガ葉酸」だったんです。

 

妊娠したい40代の私はこれで妊娠しました。

 

「ウムリン」は飲み方が変わってるし、卵子のケアをしてくれるそうなので前から興味がありました。

 

そして、少しでも効果を上げるために評価の良かった「ショウガ葉酸」をプラスして、一緒に摂り入れてみようと購入しました。

 

妊娠したいのにできない40代の私が実際に妊娠できた方法をご紹介

 

 

まず「ウムリン」ですが、1日2つが目安で液体状になっています。

 

妊娠したい40代の私はこれで妊娠しました。

 

私は炭酸水を飲む習慣があったので、それに混ぜて飲み始めました。

 

美味しい梅サイダーを飲んでいる感覚で、サプリを飲んでいる感じがしません。

 

妊娠したいのにできない40代の私が実際に妊娠できた方法の体験談

 

他にもアレンジしてみたくなって、バニラアイスにかけてみたら、これが美味しくてビックリ!

 

もうサプリというよりデザートと言ってもいいです。

 

酸味もさらに和らぐので、酸っぱいのが苦手な人にはお勧めだと思います。

 

飲まなきゃいけないというストレスもなく、逆にもっと飲みたいと思うぐらいで、これは続けやすいと感じました。

 

 

続いて「ショウガ葉酸」は、一日一粒でいいし、水がなくても食べられるタブレットのようなサプリです。

 

妊娠したいのにできない40代の私が妊娠できた方法の体験談と感想

 

味はショウガ味ですが、辛いものではなく、まろやかで食べやすいです。

 

こちらはタブレットケースに入れて持ち歩き、気がついたときに口に入れるという感じで摂取していました。

 

妊娠したい40代の私が妊娠できた方法とは

 

 

「ウムリン」も「ショウガ葉酸」も飲み方がとても簡単な上に、美味しくて続けることも苦だとは思いませんでした。

 

そのため、これは効果が期待できそう!と前向きになることができたところが、高評価です。

 

不妊治療は落ち込むことが多く、通院もストレスになります。

 

そんな中で前向きになれたのは、本当に助かりました。

 

 

2つのサプリを飲み始めて1ヶ月が過ぎた頃、夏でも足先の冷えがひどかったのに、ぽかぽかとした感覚が現れるようになりました。

 

乱れがちだった生理も、周期が落ち着いてきて、病院で指摘されていた基礎体温もグラフが穏やかになってきました。

 

妊娠したい40代の私が妊娠できた方法で授かりました。

 

そして、ちょうど飲み始めてから2ヶ月目に人工授精を行い、なんと無事に授かることができたんです!

 

もう夢のようで、検査薬の陽性ラインを何度も何度も確認しました。

 

「ウムリン」と「ショウガ葉酸」を組み合わせる飲み方をしたことで、

効果を発揮してくれたおかげだと思っています。

 

実際に試してみて、2つのサプリの評価が良い理由がよくわかりました。

 

 

私は以前から、妊活に良いと言われているサプリを何種類も試したことがありました。

 

でも、値段が高いだけで、結果に結びつくような効果は得られませんでした。

 

それが今回の「ウムリン」と「ショウガ葉酸」は、しっかり変わっている実感が得られた点が優れているのではないかと、私は思います。

 

値段に関しては、高い安いの感じ方は人それぞれだと思いますが、私はこの価格で満足しています。

 

今、まだ初期で不安定な時期ではありますが、2つを続けているおかげで、体調は安定しているので、穏やかに過ごせています。

 

悪阻も少し出てきてはいますが、大したことはなく、貧血も今のところ起きていません。

 

「ウムリン」も「ショウガ葉酸」も妊活中から出産まで、長く寄り添ってもらえるので、心強いです。

 

「ショウガ葉酸」に至っては、妊娠の経過に応じて配合量が違う2タイプが用意されていて、気になる栄養素の過剰摂取の心配もしなくて済みます。

 

妊娠したいのにできない40代の私が妊娠できた方法はとっても簡単です。

 

こういった心配りで余計な心配をしなくていいというのは、小さいことのようですが、妊娠にはとても大切なことだと思いました。

 

「ウムリン」で体のリズムを整えて、「ショウガ葉酸」で冷えを防ぎ、元気な赤ちゃんを産みたいです。

 

本当にこの2つのサプリに出会えてよかったと、心から感謝しています。

 

 

妊娠したいのにできないと、本当に焦ってしまいますよね。

 

そんな時は、私みたいに「ウムリン」と「ショウガ葉酸」を一緒に試してみてください。

 

>> ウムリンの公式サイトはこちら妊娠したいのにできない人にウムリンがおすすめ

 

>> ショウガ葉酸の公式サイトはこちら妊娠したいのにできない人にショウガ葉酸がおすすめ

 

 

妊娠したいのにできない原因

 

妊娠したいのにできない原因

  • 冷え性、生理不順、過剰なストレス
  •  

  • ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足や生活習慣の乱れ
  •  

  • 栄養不足や食生活の乱れ、元気な精子の数が少ない
  •  

  • 子宮の異常や卵管障害、無排卵などの排卵障害
  •  

  • 加齢による卵子や精子の数の減少

 

特に年齢と妊娠との関係には、とても深いつながりがあります。

 

なぜなら、女性も男性も年齢が上がるほど卵子や精子の数が減ってくるからです。

 

また、卵子や精子そのものも老化してくるため、必然的に妊娠しにくくなります。

 

つまり、妊活する年齢が高くなるほど妊娠率は低くなるのです。

 

ウムリンと妊娠率の推移グラフ

 

では、妊娠率を高めるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

それは、妊娠力をアップするしかありません。

 

妊娠力をアップする方法

 

妊娠力をアップするには、次のような方法が効果的です。

 

冷え性対策

普段から靴下を履いたり、半身浴をするなどして体を温めましょう。

 

生活習慣を見直す

適度な運動をしてストレスを解消し、禁煙を心がけましょう。

 

食生活を整える

暴飲暴食をやめ、栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。

 

卵子や精子の活力増強

アルギニンや亜鉛、ギャバなどを多く含む食べ物を摂取しましょう。

 

特にアルギニンや亜鉛、ギャバなどを多く含む食べ物には、牡蠣や卵黄、高野豆腐、豚肉、マグロ、トマト、発芽玄米などがあります。

 

妊活中は以上のような生活習慣や食生活を心がけることが大切です。

 

 

しかし、卵子や精子の活力増強にいい食べ物なんて、毎日どれくらい食べたらいいのか分かりませんよね?

 

そんな場合は、サプリメントで摂るのが手間もかからず簡単です。

 

ただし、どんなサプリメントでも良いというわけではありません!

 

なぜなら、卵子や精子の活力増強に効果的な成分がバランスよく配合され、妊娠力をアップしてくれるサプリメントでないと意味がないからです。

 

 

そこでおすすめなのが、ウムリンショウガ葉酸のサプリメントです。

 

妊娠したいのにできない対策

 

ウムリンショウガ葉酸は、今までない新しい妊活サプリです。

 

なぜなら、レディースクリニックでの協力のもとで、妊活時の有用試験が実施され、その有効性が認められているからです。

 

あなたも妊娠したいのにできないと悩んでいるのなら、ウムリンとショウガ葉酸で妊娠力をアップさせましょう。

 

>> ウムリンの口コミはこちら

 

>> ショウガ葉酸の口コミはこちら

 

 

妊活中は男性も葉酸を取った方が良いの?

ショウガ葉酸 男性

 

まず結論から言うと、妊活中は女性だけでなく、男性も葉酸を取るべきだと言えます。

 

妊活中のご夫婦は、一日でも早い妊娠を望んでいますよね。

 

現在では、不妊治療を受けている夫婦も少なくありませんが、その3割が男性に原因があると言われています。

 

妊活というと、女性ばかりが普段の生活や、食べるものなどに気を使っていることが多く、男性はほぼ気にしていないことが多いようです。

 

女性だけに必要だと思われがちな葉酸ですが、男性の精子の細胞分裂にも必要な栄養素で、これが足りていないと細胞分裂時に何らかの問題が出てしまうリスクがあります。

 

男性は1%〜4%ほど、精子のうちに染色体異常があると言われていますが、その染色体異常を予防するには、葉酸を摂取することが必要です。

 

葉酸を夫婦で摂取している場合と、そうでない場合、赤ちゃんが奇形になるなどの確率が変わってきます。

 

やはり、夫婦そろって摂取している場合の方が、確率が低くなっているということがわかっています。

 

しかも妊活中、男性も葉酸を取ることで、お互いが妊娠しやすい体になっていきます。

 

 

葉酸には元気で正常な精子を作り出す作用もあります。

 

男性不妊の原因は、主に「精子無力症」、「無精子症」、「乏精子症」が代表的です。

 

こういった造精機能障害に、働きかけをすると言われているのが、葉酸なんです。

 

不妊に効果があるという確かな証明はされてはいませんが、精子の運動量を上げたり、量も増えることは確かであり、それが早期に妊娠につながる可能性が高くなる、と言えるのかもしれません。

 

妊活中に男性も葉酸を取ることで、リスクを下げることに繋がったり、妊娠しやすい体になっていくということがわかりましたね。

 

赤ちゃんはママとパパの染色体を半分ずつもらって生まれて来ますから、ママが妊娠する前から、一緒にショウガ葉酸を摂取するように心がけると良いでしょう。

 

妊活中はストレスがたまりやすいことも多いので、夫婦そろって取り組むことで、ストレスの緩和にもつながります。

 

ぜひ、男性もサプリメントなどを利用し、ショウガ葉酸を摂取することをオススメしたいと思います。

 

ショウガ葉酸 男性

 

>> ショウガ葉酸のおすすめポイントや詳細はこちら

 

 


妊娠したい人のために!タイミングの取り方とは?

結婚したり、年齢的なものなどをきっかけに、そろそろ赤ちゃんが欲しいなと感じることがあると思います。

 

しかし、いざ、妊娠したい!と思っても、子供は授かりものですから希望通りにできるものではありません。

 

赤ちゃんを授かりたいと本気で考えるのであれば、まずは正しいタイミングの取り方を知る必要があります。

 

女性が妊娠しやすい時期があるということは分かっていても、それがいつなのか正確には分からないという人も多いのではないでしょうか。

 

妊娠がしたいと思った時、性交渉のタイミングを妊娠しやすいとされる日に合わせる必要があり、それでも1年間妊娠しなければ不妊治療に踏み切ることが多いようです。

 

妊娠したい,タイミングの取り方

 

女性が妊娠しやすいとされる時期は、排卵日だということを聞いたことがある人は多いと思いますが、排卵日が近づいてきたタイミングで性交渉を行います。

 

卵子の寿命は1日なのに対し、精子の寿命が3日位ありますので、排卵日の前3日頃から性交渉をすることで妊娠するかもしれない確率が高くなります。

 

しかし、排卵日というのは人によっても異なり、予測するのがとても難しいです。

 

次の生理までの間隔が28日で、月が変わってもやはり間隔が28日というような人であれば、生理が始まって排卵日までが2週間だと言われています。

 

皆そうであれば良いのですが、月経周期が不規則な人の方が多いのが現実で、ストレスなどでも排卵日は違ってきてしまいます。

 

「妊娠がしたい!」と、排卵の日目がけるために、そのタイミングを合わせるために正確な排卵日を把握することから始めます。

 

自分が排卵する日というのは、予め推測することができ、下記のような方法で、排卵日を予測していきます。

 

  • 体温を測り基礎体温表をつける
  •  

  • 薬局などで排卵日検査薬を買って使う
  •  

  • 医療機関で卵胞チェックしてもらう

 

自分でも簡単にできるのは、基礎体温表をつけるということと、薬局で排卵日検査薬を使うというものです。

 

卵胞チェックは自分ではなく、医療機関でしますので、まずは自分でできる方法で排卵日を予測するとい人が多くなっています。

 

妊娠したい,タイミングの取り方

 

基礎体温を測ったことがないという人は多いと思いますが、まずはきちんと排卵しているかの目安にもなります。

 

そのため、数ヶ月、毎日続けて体温を測り、自分の体温の変化をグラフにして見てみると良いでしょう。

 

通常、低温期と高温期に分かれ、排卵日前にグッと体温が下がり、排卵が終わると体温が上がるようになっています。

 

妊娠したい場合は体温を毎日きちんと測るということが、第一の方法ですので、体温計も婦人体温計を使い、毎朝同じ時間に測るようにします。

 

排卵の日が確定すれば、正しいタイミングの取り方を知ることができます。

 

妊娠できる割合は、年齢や生活習慣によっても大きく異なりますが、ストレスも大きな原因になります。

 

なので、深く考え過ぎないようにして上手くタイミングを合わせるようにしましょう。

 

>> ウムリンのおすすめポイントや詳細はこちら

 

>> ショウガ葉酸のおすすめポイントや詳細はこちら

 

 

妊活中のウムリンの有効性について

ウムリン 有効性

 

ウムリンの有効性は、何と言っても「卵子の質が良くなる」ことです。

 

年齢を重ねると共に卵子の質が低下し、妊娠しにくくなるということはよく耳にしますが、そんな卵子の質をアップさせてくれるのがウムリンです。

 

ウムリンは天然植物由来成分で作られているので安心して口にすることができるのも嬉しいところで、味も美味しく継続して飲み続けることができます。

 

ニワトリの卵に梅の抽出物を加えたところ、卵を産む率が目に見えて向上したことから発見されました。

 

そんなウムリンの効果は、様々な方面で注目されており医学的にも認められているということで、その効果は期待できるのではないでしょうか。

 

30代にも突入すると、年齢的な焦りもありますし、周囲からのプレッシャーも加わり、なかなか妊娠できないことで悩んでいるという人も増えてきます。

 

藁にもすがりたい思いでウムリンを試してみたところ、実際に妊娠することができたという声が日増しに増えているのも事実です。

 

1日に2回飲むウムリンですが、炭酸水で薄めて飲むというのが1番人気の飲み方!

 

その他にも、ヨーグルトにかけたり、豆乳に混ぜたり、スムージーに加えたりとアレンジの方法は自分好みでできるので、梅が苦手という人でも美味しく頂くことができます。

 

「じゃあ、梅を食べれば良いのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、そうではありません!

 

独自の方法で抽出して作られたウムリンだからこその有効性があるのです。

 

老舗の梅屋だからこそ完成したウムリンが出来上がるまでには、たくさんの苦労と研究がありました。

 

そんなウムリンは医学的にも認められて特許を出願し、最初の研究から20年経った今、販売することが可能となりました。

 

「その辺の妊活サプリと一緒にされては困る」というのが創始者の本音かもしれませんね。

 

妊活中の人は、科学的根拠のあるウムリンの有効性“卵ケア”で新しい妊活を始めてみませんか?

 

>> 卵子の質が良くなるウムリンの公式サイトはこちら妊娠したいのにできない人にウムリンがおすすめ

 


妊活中のショウガ葉酸の有効性について

ショウガ葉酸 有効性

 

妊娠を希望する妊活中の人が気にするのは「体の冷え」なのではないでしょうか。

 

冷え性の人は妊娠しにくいなんて話を耳にしたことがあります。

 

そんな冷えを気にする妊活中の人にオススメなのが「ショウガ葉酸」です。

 

どんな有効性があるの?と興味津々だと思うのですが、厚労省が推奨する妊活中〜妊娠中に必要な栄養素が11種類配合されたサプリなんです。

 

前期と後期のサプリが用意されており、妊活中の人は前期のサプリ(妊活中〜妊娠4ヶ月)を購入すると良いでしょう。

 

ショウガ葉酸 有効性。

 

気になるショウガ葉酸の有効性は、体を温め、妊娠に必要な栄養素を摂り過ぎることなく摂ることができるということです。

 

また、“余計に摂り過ぎない”ということに注目し、段階別に分けられているサプリが「ショウガ葉酸」です。

 

妊活中に必要な成分、葉酸、鉄、カルシウム、ビタミンC、D、B1、B2、B6、B12、亜鉛、マグネシウムがきっちり計算されて含まれている他、体を芯から温めるショウガの有効成分、ショウガオールが含まれています。

 

妊活中と妊娠中では体に必要な栄養素が異なるということを考えて作られた「ショウガ葉酸」の有効性“温活”の効果を最大限に引き出すために用いられているのは、蒸しショウガ製法です。

 

せっかくの成分が高温で壊れてしまうことを恐れ、低温でじっくりと時間をかけて火を入れる蒸しショウガ製法で使われるショウガにも拘りがあります。

 

ショウガの本場、高知県で作られている黄金ショウガを用いているため、“温め効果”が非常に高いのが特徴です。

 

妊活中に必要な「葉酸」と体温を上げるために必要な「ショウガ」の有効性を最大限に引き出したサプリが「ショウガ葉酸」なのです。

 

科学的根拠があり、こだわりの素材を使って作られたショウガ葉酸は、“授かるための体内環境づくり”ができるとして妊活中の人に注目されています。

 

妊活中の人の“元気な赤ちゃんを授かりたい”という願いを叶えたいと作られた「ショウガ葉酸」ですから待望の葉酸サプリと言えるのではないでしょうか。

 

  • 体を芯から温める
  •  

  • 妊娠に必要な栄養をしっかり摂る
  •  

  • 余分な栄養を摂り過ぎない

 

これらのことに重点を置いて研究を重ねた末に出来上がったのが「ショウガ葉酸」サプリです。

 

妊活中の人にも妊娠中の人にも葉酸が良いというのはよく耳にすることですが、大切な時期に飲むものですから安心して飲みたいというのが誰しもが持つ本音だと思います。

 

これだけ体の事を考えて作られている妊活サプリがあるでしょうか?

 

厚労省の推奨量を守った11種類の栄養素と温活効果が期待できるため、妊活中のショウガ葉酸の摂取はオススメされています。

 

必要な栄養素をしっかり摂り、余計な栄養素を摂り過ぎないし、尚且つ温活までできる。

 

そんな新しい葉酸サプリは「ショウガ葉酸」の他にはないと思います。

 

>> ショウガ葉酸の公式サイトはこちら妊娠したいのにできない人にショウガ葉酸がおすすめ

 

 


妊娠したいのにできない人の共通点は?

 

妊娠したいのにできない焦り

 

妊娠したいと思った人すべてが、妊活を始めてすぐに授かれるという訳ではありません。

 

妊娠する確率は年齢や体質により変わり、20代前半の健康な夫婦がバッチリのタイミングをとったとしても妊娠の確率は約3割程と言われています。

 

年齢が上がるにつれて、また体質によって、その確率は下がってしまいます。

 

なかなか赤ちゃんを授かれないとプレッシャーを感じてしまいやすく、ルナルナが1,000人以上を対象に行ったアンケートでは86%以上の人が妊活で焦りを感じているそうです。

 

女性だけが一人でプレッシャーを抱え込まず、妊活や育児は男性との共同作業であるという認識と、確率的に誰でもすぐ妊娠できる訳ではないという事を意識してください。

 

あまり負担に感じ過ぎずに夫や、場合によっては婦人科の協力も得つつ、ストレスを溜めこみ過ぎない妊活ライフを過ごしていくのが良いでしょう。

 

妊娠したいのにできない焦り

 

赤ちゃんに会いたい、ママになりたい…

 

そんな強い気持ちで妊活に励んで結果に繋がらず生理が来ると、とてもガッカリして悲しい気持ちになってしまう事があります。

 

時間の経過につれて、その気持ちはより深まっていったりします。

 

自然に任せても時だけが過ぎていく事に不安を感じ、いざ不妊治療を受けてみてもなかなか赤ちゃんを授かれない…そんな事もあります。

 

実は、妊娠したいのにできない人にはとある共通点があるんです。

 

それは、年齢、冷え症、ストレス、ライフスタイルの乱れ、婦人科系の持病、生理不順…いずれかもしくは複数当てはまる事が多いのです。

 

改善できる部分は改善していき、妊娠しやすくなる工夫を実践し、少しでも可能性を高められるように過ごしていきましょう。

 

まず、自然妊娠をするためには排卵日前後のタイミングに合わせる必要があります。

 

年齢が若く健康な男女&ベストタイミングでも、1回の妊娠確率は約3割程と言われています。

 

しかし、年齢が上がれば上がるほどその可能性は低くなり、さらに体質や健康状態によっても可能性は変わっていきます。

 

自然妊娠が思うようにいかない場合の不妊治療で、体外受精を行った場合も妊娠確率は100%ではありません。

 

35歳以下でも3〜4割、40歳で2割、44歳になると1割を切ります。

 

受精する可能性だけでもこんなに低いのですから、悩む人は尽きないのです。

 

妊娠したいのにできない場合、年齢も大きいですが、その他にもいろいろな可能性があります。

 

婦人科系の持病や冷え性を抱えている場合は治療や生活習慣の見直しに励んだり、ストレスを溜めこまないようにしたり…少しでも可能性を高めるために、できる事は行っていきたいですね。

 

なかなか、妊娠したいのにできないと考えてばかりいると心身の不調やストレスに繋がってしまう事があります。

 

気分転換しつつ、できる限り穏やかに過ごす事を心掛けることも大切です。

 

妊娠したい人が妊活中に8割以上が感じる焦りとは?

 

妊娠したい人は「焦り」を感じる事も多いです。

 

結婚し、赤ちゃんが欲しいと言って理想通りスムーズに妊娠に至るとケースは当たり前ではないのです。

 

ルナルナが妊活中・妊娠中・育児中の女性1,200名以上に行なったアンケートでは、なんと86%以上の人が妊活中に焦りを感じたと回答しています。

 

年齢・体質等により妊娠確率は大きく変わってくるのですが、妊活を始めてから妊娠するまでに半数以上の人が半年以上かかったのだそうです。

 

そのうち約2割の人は、妊娠までに1年以上経過しています。

 

何歳までに結婚し、子どもは何人欲しい…

 

そんな理想のライフスタイルと現実が剥離してしまうことや、周りの妊娠ラッシュや、赤ちゃんに会いたいのに授かれない現実に、不安や焦りを感じてしまうようです。

 

焦りを感じてしまうと、妊活に大敵のストレスの原因にもなりかねません。出来る限り穏やかな気持ちで過ごしたいものです。

 

では、焦りを感じた場合にはどうすれば良いのでしょうか?

 

妊娠したいのにできない焦り

 

まずは、基本的な意識を変える事が大切です。

 

妊活は、女性が責任を感じてしまい一人で抱えてしまいがちな傾向にあります。

 

しかし、それは違うのです。女性だけの責任でも何でもなく、妊活や育児はすべて夫婦の共同作業です。

 

妊娠にまつわる情報や、タイミングについて共有したり、時には相手への気遣いも大切です。一人で抱えず、出来る限り夫にも頼るようにすると気持ちの負担も軽減されます。

 

また、先ほどのデータのように、妊活を始めたからと言ってすぐに授かれる訳ではありません。

 

個人差も大きいですし、半数もの人が授かるまでに半年以上かかったという結果もあります。

 

基礎体温の記録や、しばらく頑張っても自然妊娠に至らない場合には受診・治療を検討したり、出来る範囲のことをして「頑張りすぎない」ようにしてください。

 

妊娠したい時に頑張りすぎると自分を責めてしまったり、プレッシャーや焦りに繋がってしまうこともあります。

 

気分転換をしながら、あまり負担に感じ過ぎず、妊活ライフを過ごせると良いですね。

 

>> 妊娠したいのにできない人に効果的なウムリンの公式サイトはこちら妊娠したいのにできない人にウムリンがおすすめ

 

妊娠したいと焦りはあるもののどうすれば良い?【具体例】

 

妊娠したいのにできない焦り

 

「妊娠したい」という焦りはあるものの、こればっかりは焦ってどうにかなるものではありません。

 

とは言え、周囲からのプレッシャーや年齢的なことを考慮すると、「妊娠したい」という願いを叶えるために何かしないといてもたってもいられません。

 

身近な人のおめでたい報告を聞いても心から素直に喜べず、「何故、自分だけ?」とつい悲観的な考えに。

 

焦りは良くないと分かってはいるものの、常にそのことばかりを考えてしまい余計にストレスになってしまっています。

 

実際に妊活をしている女性の9割がストレスを感じ、その内の35%の人が「妊娠したいという焦り」が原因と答えています。

 

妊娠したいと考える人にとってストレスは大敵です。

 

色々と考えて余計なストレスを感じる前に、まずは妊娠しやすい体になるということを考えてみてはどうでしょうか。

 

妊娠しやすい体になるためにはどうすれば良いかというと、

 

ストレス解消

 

女性ホルモンはストレスの影響を非常に受けやすく、ストレスは妊娠に大きな弊害をもたらします。

 

また、ストレスは女性に限ったことではなく、男性にとってもストレスは良くなく、精子をつくることに影響を及ぼします。

 

女性、男性共にストレスを上手く発散させてリラックスするということが大切になります。

 

適度な運動

 

普段ほとんど運動をしていないというような人は、適度な運動をすることで新陳代謝を良くすることができます。

 

血流が良くなることで、女性の場合は生殖器官の動きが良くなり、男性の場合は機能向上が望めます。

 

また、体を動かすことでもストレス解消に繋がりますので、適度な運動を女性、男性問わず行うことをオススメします。

 

もし、忙しくて運動をする暇がないような人は、軽めのストレッチを行うだけでも良いのでまずはやってみましょう。

 

歩く

 

ジムに通い汗を流すというのも良いですが、そんな時間がないという人は、軽めのウォーキングを行うことで血液が良くなり冷え性が改善されます。

 

毎日30分は歩くようにしたいので、通勤や買い物の一部をウォーキングに当てるというのも1つの方法です。

 

冷え性改善

 

冷えは妊娠したいと考える人にとって大敵となります。

 

体が冷えることで血流が悪くなり、酸素や栄養が卵巣までしっかり届かず機能が低下してしまいます。

 

冷え性を改善するには、夜にお風呂にゆっくり浸かったり、水分の摂り過ぎに注意して体を温める効果のある食材を積極的に食べるなどすると良いでしょう。

 

体重を適正にする

 

痩せ過ぎも太り過ぎも女性ホルモンの分泌に大きな影響を及ぼします。

 

体重は偏ることなく適正な体重にすることが大切です。

 

このように、アレコレ考えてストレスを感じるのではなく、まずは、妊娠しやすい体作りをしていきましょう。

 

妊娠したいと考える40代が急増化!その対策は?

 

妊娠したいと妊娠を希望する女性が多い中、40代の女性で妊娠したいという人が増えています。

 

年齢が高くなると妊娠する確率が低くなり、妊娠に対するリスクが高くなるというイメージがありますが、40代でも妊娠することは可能なのでしょうか?

 

妊娠しやすい年齢というのは、20〜34歳と言われており、それを考えても40代の妊娠は何かと考えなければいけない点が多そうです。

 

しかし、最近では40代で妊娠、出産する女性が増えているのも事実で、それなりのリスクをきちんと考えれば、妊娠したいという40代の願いは叶えられます。

 

年齢を重ねた人が出産することを「高齢出産」と言いますが、これには定義があり、

 

  • 初産:35歳以上
  •  

  • 2人目以降:40歳以上

 

とされています。

 

という訳で、40代でなくとも、初産の場合は35歳以上の人は高齢出産と言われる訳です。

 

それはさておき、40代で妊娠したいと考える人のために、自然妊娠する確率はどの位なのかというと、40歳で5%、45歳で1%と言われており狭き門となっています。

 

また、40歳以上が流産する可能性も40%と非常に高く、こういったリスクを考えて高齢出産はオススメされていません。

 

しかし、その反面、50歳以上でも自然妊娠して無事出産した人もいますし、それを考えると40代でも十分出産することができるはずです。

 

年齢が高くなると妊娠しにくくなると言われる原因の1つに、卵子の老化が考えられます。

 

卵子は30歳を越えた当たりから老化し始め、それに伴い妊娠率が低下します。

 

それに反して40代でも卵子が健康で若ければ十分、妊娠したいという希望を叶えることが可能となります。

 

では、卵子の質をアップさせるにはどうすれば良いかというと、

 

冷え性改善

 

冷えは妊活をしている人にとって大敵となります。

 

体の冷えは卵巣の機能の低下に繋がりますので、卵子の質をアップさせるためには体を冷やさないようにすることが大切です。

 

ストレス発散

 

ストレスを感じると細胞を老化させる活性酸素が発生します。

 

これは卵子の老化にも繋がりますので、ストレスを感じないような生活をし、上手くストレスを発散する方法を見つけましょう。

 

規則正しい生活をする

 

卵子が成長するために必要なミトコンドリアを作るためには規則正しい生活をするということが基本になります。

 

不規則な生活を送っていると元気な卵子が育ちませんので、規則正しい生活をすることを心掛けるようにしましょう。

 

ということが挙げられています。

 

妊娠したいと希望する40代の人が増える中、その願いを叶えるために卵子の質をアップさせるような生活を目指しましょう。

 

>> 卵子の質をアップさせるウムリンの詳細はこちら妊娠したいのにできない人にはウムリンがおすすめ