ウムリンを飲んだ30代の妊娠の報告件数はどのくらい?

20代はプライベートや仕事が充実していて忙しく、赤ちゃんを授かることなんて考えもしなかったなんて人も多いのではないでしょうか。

 

30代になり、仕事も周囲の友達も落ち着き、そろそろ赤ちゃんでも…と考え出したものの、なかなか妊娠することができないなんてことも多々あります。

 

年齢が年齢だけに焦る人も多い訳ですが、そんな30代の女性にウムリンが最適ということで注目されています。

 

ウムリンは、「卵の老化防止効果」が認証されている唯一のサプリということで、30代や40代の赤ちゃんを授かりたい人にオススメです。

 

30代以降になると卵子の質が低下するということに特化したウムリンを飲むことで、卵子の質をアップして妊娠に繋げてくれる妊活サプリがウムリンなのです。

 

ウムリンを飲んだ30代の妊娠報告件数は?

 

実際にウムリンを飲んで妊娠することができたという報告データと、有用試験データに基づいた妊娠報告件数から試用期間の目安が出ています。

 

30代になると卵子の質が低下し、妊娠しにくくなるということで、赤ちゃんを授かりたいと考える多くの30代女性にウムリンは推奨されています。

 

年齢別に妊娠率が高いウムリンの使用期間の目安

 

  • 34歳以下 2ヶ月:38%
  •  

  • 35〜37歳 4ヶ月:39%
  •  

  • 38〜39歳 6ヶ月:43%
  •  

  • 40歳以上 4ヶ月:29%

 

というデータが出ています。

 

このデータを見る限りでも年齢を重ねると共に妊娠する率は低下してしまいます。

 

しかし、30代で妊娠を希望している人でウムリンを飲むことで、待望の赤ちゃんに恵まれる人がこれだけいるというのも事実です。

 

ウムリンを使用目安以上摂取しても効果が得られない時というのは、ホルモンバランスの乱れなどの他の原因が考えられるということで、それだけこのデータは信用できるということになります。

 

ウムリンで30代からの卵ケアをしよう!

 

卵子の質は30代から低下してしまうということが、30代の女性が妊娠しにくくなるということに繋がっています。

 

一概には言えませんが、女性は35歳を過ぎると妊娠しにくくなると言われており、これは加齢に伴う卵子の老化が原因になっていると言われています。

 

ここで登場するのが、梅から抽出されたウムリンという訳なのですが、30代の妊活サプリとしてウムリンが推奨されているのには科学的根拠があります。

 

ウムリンの臨床結果は日本受精着床学会雑誌に掲載されており、ウムリンの有用性試験の効果は医学的にも認められています。

 

梅からの抽出物をニワトリに与えたところ、生存率や産卵率がアップし、卵の質も向上したということからヒントを得て作られたのがウムリン。

 

医科大学とレディースクリニックと共同で研究を進め、ついに、卵ケアをすることができるウムリンが誕生したのです。

 

ウムリンで老化した卵子の質を良くし、30代の妊活に繋げていきましょう。

 

>> ウムリンがお得に買える公式サイトはこちら30代の卵ケアにウムリンがおすすめ