50歳でも妊娠したい!それは可能?

毎日忙しい日々を送り、気付いた時にはもう50歳。

 

この年齢で、妊娠がしたいという希望を叶えることはやはりもう無理なのでしょうか?

 

その答えはというと、妊娠することは可能です。

 

50歳代で妊娠し、出産することは超高齢出産と呼ばれますが、この年齢でも自然妊娠することができ、妊娠がしたいという夢を叶えることができます。

 

超高齢出産と言われる50歳代の女性が自然妊娠で初産を迎える確率というのは1%だと言われています。

 

この数字を見る限りでは狭き門なのは分かると思いますが、たった1%でも可能性はあるということになります。

 

一体、何歳まで妊娠して出産することができるの?と思うかもしれませんが、妊娠適齢期は年々上がってきており50歳代でも妊娠する人が増えています。

 

日本では、閉経を向かえる平均年齢は50歳前後とされていますが、実際には50代後半でもまだ生理がある人がいて、妊娠することは可能です。

 

前例が多数あるということで、50歳でも妊娠がしたいという夢が叶えられることが分かりました。

 

そして、高年齢で妊娠して出産するにはそれなりのリスクがあることも知っておかなくてはいけません。

 

高齢出産のリスクとは?

 

流産の可能性

 

年齢が上がると共に卵子の質が低下し、それが原因で受精卵に異常を来たし流産の確率がアップします。

 

子宮の問題

 

年齢を重ねると共に、子宮や卵巣のトラブルが増加し、妊娠を期にそれが発見されることが多くなります。

 

病気

 

高血圧や糖尿病などを妊娠中に発症する確率がアップします。

 

ダウン症候群の可能性

 

卵子の老化が原因で起こる赤ちゃんの染色体異常が年齢がアップするごとに高くなります。

 

体力低下

 

年齢を重ねると共に体力が低下し、出産や産後に体力が元に戻るまでに時間がかかってしまいます。

 

このようなことが考えられます。

 

卵子の老化というのは年齢を重ねると仕方が無いことの1つでもありますが、もちろんリスクを減らすということもできます。

 

  • 体重の増減を減らし、正常な体重にする。
  •  

  • 体力アップを目指す。
  •  

  • 食生活を正し、バランスの摂れた食事をする。
  •  

  • 無理をし過ぎない。
  •  

  • 婦人検診をきちんと受ける。

 

このようなことに注意しながら超高齢出産のリスクを少しでも減らすことを考えます。

 

高齢で出産することは可能でも、それなりにリスクも伴うということを頭に置きつつ出産に挑まなければいけません。

 

50歳でも妊娠がしたいという願いは叶えることはできますが、若い年齢で出産するのとは違いリスクがあるかもしれないということを忘れないようにしましょう。