妊娠初期の腹痛や出血、おならの症状はいつまで続くのかを徹底調査しました!

妊娠初期の症状として、腹痛や出血、おならなどの症状が現れることがあります。

 

妊娠を経験したことがある人でも前回と同じ症状が出るとも限らないため、その都度、心配は絶えません。

 

腹痛や出血、おならなどの症状も、軽度の人もいれば重度の人もいて人それぞれ苦しみ度合いは異なりますが、激しい腹痛や出血を伴うようなことがなければ問題はないとされています。

 

しかしながら、この辛い症状が一体いつまで続くのかと考えると、不安になってしまいますよね。

 

妊娠の初期の段階での腹痛や出血は、生理前の症状と類似していることから、自身の妊娠に気が付かないという人もいて、生理が遅れてやっと妊娠に気が付いたという人も少なくはありません。

 

症状は色々ありますが、妊婦さんの半数以上が妊娠初期に何らかの症状が出始め、日増しに症状は酷くなり、いつかのタイミングで症状から抜け出すことができると言います。

 

しかし、これも人それぞれで、妊娠後期になっても何らかの症状に悩まされたという人もいます。

 

辛い症状のピークというのは、妊娠7〜9週目位と言われることが多く、妊娠4〜6週目辺りから症状が出始める人が多いようです。

 

これも一概に皆がそうだとは言えませんが、統計的にはこの時期がピークだとされています。

 

とは言え、ピークの時期を過ぎても腹痛や出血、おならの症状が治まらない人は、大丈夫なのか?と心配になることでしょう。

 

腹痛の症状の時は、激痛や出血を伴うような腹痛でなければ問題ありませんので、痛みが治まるまで横になるなどして安静にしておきましょう。

 

妊娠初期の段階で出血してしまうと、流産してしまうのでは?と不安になるかと思いますが、この時期の出血も少量であれば問題ありません。

 

しかし、大量の出血や出血が続くような時は、何かしらの異常が考えられますので診察するようにしましょう。

 

また、妊娠とおならは関係のないようにも思えるかもしれませんが、妊娠初期の症状におならがよく出たり、臭いというような症状が出る人もいます。

 

これもホルモンバランスなどで体の変化が伴うことで起こる症状なので、心配することはありません。

 

妊娠初期の腹痛や出血、おならなどの症状も、辛さの度合いは人それぞれです。

 

そのため、その苦しさは他の人には理解されがたいものがありますが、辛い症状が長引くと不安になってしまうものです。

 

この辛さがずっと続くのかと思うと、絶望的な気持ちになってしまうかもしれません。

 

しかし、その辛さには必ずしも終わりが来るということを忘れないようにし、気持ちをしっかり持ちましょう。

 

そして、辛い時は無理をせず、周囲の助けを借りながらゆっくりとその時が来るのを待ちましょう。

 

あまり考えすぎると余計に辛くなってしまう場合もありますので、気分転換できるようなことを見つけると良いですね。

 

>> トップページに戻る