妊娠の初期症状をチェックしてみよう!“風邪と体温篇”

妊娠の初期症状をチェックした時に、下痢の症状の他に風邪篇や体温篇で悩まれている人がいます。

 

妊娠の初期症状なのか、風邪なのか?体温が高いだけなのか?それとも熱があるのか?!など、チェックのしようがなくて困っている人も。

 

そんな紛らわしい症状を見分けるためにはどうすれば良いのか調べてみることにしましょう。

 

妊娠初期症状チェック〜風邪篇〜

 

妊娠初期の症状の1つとして、風邪の際に現れるような症状が出る場合があります。

 

妊娠が成立すると、体温は下がることなく高いままなので、それが少し微熱がある時のような、風邪のひきはじめのような熱っぽさに感じることがあります。

 

また、ホルモン量も増加する影響で、血管が広がることで風邪の時のような体のだるさを感じたり、頭痛の症状を引き起こす場合があります。

 

見分け方としては、このような症状と共に、鼻水や喉の痛みなどの風邪の諸症状があるかということを確認します。

 

なければ、妊娠初期の風邪っぽい症状が出ているということで、あれば、風邪をひいてしまっているかもしれません。

 

妊娠中の風邪を心配する人も多いですが、熱も40度以上の高熱が続いたりしなければ問題ありませんし、咳や下痢も我慢できないような激しいものでなければ赤ちゃんには影響ないと言われています。

 

何よりも危険なのは、風邪を治すことに気をとられ市販の風邪薬を飲んでしまうということです。

 

なので、風邪の症状が辛い時は病院で診察を受けて処方してもらったもののみを服用するようにしましょう。

 

妊娠初期症状チェック〜体温篇〜

 

妊娠を希望している人は、基礎体温を毎日測り、その変化で妊娠しているかどうかを判断する人が多いです。

 

通常、生理開始予定日には体温が下がるのですが、体温が下がらず高温期の状態が続けば妊娠している可能性が高くなります。

 

とは言え、一体体温が何度なら妊娠しているの?と思うかもしれませんが、基礎体温は個人個人で違い一定ではありませんので一概に言うことはできません。

 

なので、普段から基礎体温はきちんと測定しておき、毎月の自分の体温をグラフで記しておくと目安になるでしょう。

 

しかし、もともと体温が低い人というのは低温気と高温期に差がほとんどなく、妊娠しているのかどうか分かりにくいという人もいます。

 

中には体温が低いのに妊娠していたという人もいますので、そういう場合もあるということを頭に置いておきましょう。

 

基礎体温の測定はきちんと行わないと誤差が生じてしまい、上手く測定できていないということも多々あります。

 

通常、低体温の時期が3日続けば妊娠していないと言われています。

 

そのため、高体温の期間が極端に短かったり、体温が安定していないことが続く場合、何かしらの病気の可能性もないとは言えませんので早めに医師に相談しましょう。

 

このように、妊娠の初期の症状をチェックしても個人差がかなりあるため、風邪なのか判断がつかなかったり、体温の変化がいまいち分からないと悩む人が多いのが現状です。

 

妊娠の初期症状は分かりにくいということもありますので、妊娠が分かるまでは薬の服用は避け、無理はしないようにするというのがベストでしょう。

 

>> トップページに戻る