妊娠の初期症状はいつからでるもの?

妊娠したいと考える人は、妊娠の初期症状がいつ頃からでるのかということが気になることでしょう。

 

妊娠した際の初期の症状は、普段の生理の前の症状に似ており、そのせいで自分が妊娠しているかも?と気づくのが遅れてしまいます。

 

月が変わっても同じ日に生理がくる人なら、生理の遅れたことで自分が妊娠したのでは?と気づくかもしれません。

 

ですが、普段から生理の日が定まらない人やストレスが原因で周期がいつもと違っているような人は、妊娠の際の初期症状に気がつかないことが多いでしょう。

 

誰にでも分かるような症状が出れば良いのですが、人によっては全く症状がでない人もいたりします。

 

そのため、妊娠しているかどうかは、生理の予定日に生理になるかどうかでまずは見分けます。

 

妊娠するというのは、性交渉を排卵時に行い、1週間位の時を経て卵子と精子が受精して受精卵となったものが子宮の内膜に着床することで成り立ちます。

 

しかし、このタイミングで自身の妊娠に気が付く人もいるようですが、ほとんどの人は生理の予定日を過ぎているにも関わらず生理が来ていないことに気がついてから症状が出始める人が多いようです。

姙娠と妊娠周期について

 

姙娠には妊娠周期というものがあり、最後に生理があった日を「妊娠0週0日」と数えるため、生理が予定日にこず、妊娠していると思ったら産婦人科で「妊娠1ヶ月」と言われてビックリ!なんてこともよくある話です。

 

この妊娠1ヶ月の時期というのは妊娠超初期と呼ばれ、妊娠初期は妊娠4〜15週の妊娠2〜4ヶ月ということになります。

 

妊娠超初期というのは、赤ちゃんを育てる準備のため身体が変化している時なので、その時に身体の変化を敏感に感じる人もいます。

 

その反面、妊娠初期の症状が生理が遅れたのをきっかけとして気づく人が多いことから、妊娠して初期症状がいつからでるのか?という疑問の回答は、妊娠初期と回答されることが多くなっています。

 

自身の妊娠が分かるきっかけになるのは、生理が遅れることなのですが、毎日忙しい生活を送っていると、つい生理予定日を忘れたりします。

 

その時に何かしらの症状が現れて、もしかして?とその時生理の遅れに気づくこともあれば、何も症状が起こらず、生理予定日をずいぶん過ぎてから妊娠に気づく人もいたりして人それぞれ症状も異なります。

 

妊娠を希望してきちんとチェックしている人であれば、何かしらの身体の変化に敏感に気付くかもしれませんが、そうでなければ分からない事も多々あります。

 

悪阻=妊娠の初期症状と勘違いしている人もいますが、実際に妊娠しても悪阻が起こらない人もいます。

 

そのため、一概にどんな症状がいつからでるのかということは断言するのは難しいと言われています。

 

>> トップページに戻る