妊娠初期に頭痛や腹痛、腰痛が起こった時はどうすれば良い?

妊娠をしていない時であれば、頭痛や腹痛があっても薬で何とか症状を抑えることもでき、腰痛で悩まされてもマッサージに行くなどすぐに対応することができます。

 

しかし、妊娠し、初期の段階ともなれば、そんな症状が出てもどうすれば良いのか分からないなんてことはよくあるのではないかと思います。

 

むやみに市販の薬を飲んで、頭痛や腹痛の痛みを緩和させるということもできないし、腰痛が辛いからと言ってマッサージでうつ伏せになるなんてもってのほか。

 

しかし、妊娠初期はホルモンバランスが大きく変化するため体に何かしらの不調を感じる人が多くなります。

 

そんな時どうすれば良いのかというと、

 

頭痛

 

妊娠初期の段階で、以外と多くの妊婦さんが経験する症状の1つです。

 

偏頭痛と一緒に吐き気がしたり、光や音、臭いが気になるという人もいますが、ストレスや不安に思う気持ちから緊張型の頭痛を起こす人もいます。

 

偏頭痛の場合は生活リズムや環境を変えたりすることで改善され、頭痛がする箇所を冷してあげることで痛みが緩和されます。

 

また、緊張型の頭痛の場合は、長時間同じ姿勢でいることが原因で起こることが多いので、コリを解す感じで軽く体を動かすようにしましょう。

 

腹痛

 

妊娠初期の段階で腹痛が起こると、流産するのではないか?など、心配が頭を過ぎります。

 

子宮の収縮や子宮が大きくなる、卵巣の腫れ、便秘、下痢などで起こる腹痛は、妊娠したことで体がこれまでと変化したために起こるため心配は要りません。

 

しかし、中には流産の可能性もあるような腹痛もあり、生理痛のような痛みや引きつるような痛み、引っ張られるような痛み、締め付けられるような痛み、チクチクした痛みなど
の通常よくあるような妊娠初期の腹痛以外の場合は注意が必要です。

 

妊娠初期というのは、赤ちゃんも少しずつ大きくなり、お母さんの体も急激に変化しますので、腹痛1つにしても判断がつけにくいというのが実情です。

 

腹痛がある場合は、横になって30分〜1時間程安静にしておき、痛みが無くなるようであれば問題はないと言われています。

 

しかし、激しい痛みや出血が伴う腹痛の場合は、流産の可能性もありますので、何か変だと感じる場合は早急に医師の診察を受けるようにしましょう。

 

問題のない腹痛の対処法としては、体を冷やさないようにして安静にするというのが1番です。

 

この時期は少しのことでも不安に感じてしまいますので、気になる事はお医者さんに相談するようにすると気分も楽になるでしょう。

 

腰痛

 

妊娠初期の段階で腰痛が起こるということはよくあり、これは、ホルモンのバランスが急激に変化することで起こると言われています。

 

また、お母さんの体の様々な変化が影響し、腰に負担がかかり腰痛が起こる場合もあります。

 

妊娠が分かっても仕事をすぐに辞めることができず、デスクワークや立ち仕事などをお腹をかばいながらしていると余計に腰痛は悪化してしまいます。

 

腰痛を予防するためにも腰にかかる負担を少しでも軽減する必要があり、正しい姿勢したり、腰周辺の筋肉の緊張を解すためにたまに立ち上がるなどすると良いでしょう。

 

また、軽いストレッチやゆっくりお風呂に入るなどして血流の改善を行います。

 

病院に行くと、妊娠中の腰痛を改善するための運動方法なども教えてもらえますので、そういうものを参考に行うと良いでしょう。

 

激しい腰痛で自分では対処できないような場合は、病院で相談をし、妊婦さんでも安心してマッサージを受けられるところを紹介してもらうようにします。

 

自己判断で整骨院に行ったり、市販の湿布や塗り薬を使うのは危険ですので、必ず病院で相談をするようにします。

 

妊娠の初期の時に起こる頭痛や腹痛、腰痛は何かと心配になってしまいます。

 

ですが、よくある症状なので心配しないようにし、異常な感じでなければ問題はないので上手く対処して痛みを緩和させましょう。

 

>> トップページに戻る