ショウガ葉酸の飲み方について詳しく調べてみました!

ショウガ葉酸は妊活中の人や妊娠中の人の強い見方ということが分かりましたが、長く続けていくには、やはり、飲み方が簡単でなければいけません。

 

三日坊主とまではいきませんが、飽き性の私なんかは特に面倒なものは勘弁です。

 

ショウガ葉酸の効果が凄いと言われても、気になるのはやっぱり飲み方。

 

その他にも味が不味いのもNGですね。

 

ショウガ葉酸を飲んで妊活をするにしても、すぐに赤ちゃんが授かれるという訳ではないと思うので、継続して飲む必要があります。

 

ショウガ葉酸は妊活中だけでなく妊娠中も飲むことができるので、そこが嬉しいサプリでもあります。

 

どんな飲み方をすると続けていきやすいのかなど、続けるためにはリサーチが必要ですね。

 

ショウガ葉酸の気になる飲み方は?

 

ショウガ葉酸は「妊娠中〜妊娠4ヶ月」「妊娠5ヶ月〜出産」までの前期と後期に分かれています。

 

これは、その時の体の状態に必要な成分を必要なだけ摂るためで、余計なものは摂り過ぎないということに特化しています。

 

そんなショウガ葉酸の気になる飲み方はというと、1日1粒噛んで食べます。

 

直径15mmの小さな錠剤で、水なしでどこでも食べられるということで、ショウガ葉酸の飲み方はとても簡単です。

 

どんな味がするの?と思うかもしれませんが、「まろやかショウガ味」ということで、薬のように苦かったりというようなことはありません。

 

粒も小さく水なしで飲め、味も良いともなれば、これは続けやすそうです。

 

こだわりの製造工場で、厳しい品質管理で丁寧に作られたサプリが届くということで、品質にも安全管理にも徹底したこだわりぶり。

 

「元気な赤ちゃんを授かりたい」という願いを叶えるべく作られたのがショウガ葉酸なのです。

 

ショウガ葉酸に含まれる葉酸とショウガオールの効果は?

 

ショウガ葉酸は飲み方も簡単で続けて飲みやすいということが分かりました。

 

ショウガ葉酸には、妊活中や妊娠中に必要な成分「葉酸」に加え、温活ができる「ショウガオール」も含まれており、この2つを同時に摂ることができるサプリとして注目されています。

 

「体が冷えると妊娠しにくい」と聞いたことがあると思いますが、体が冷えると妊娠に必要な栄養素やホルモンが上手く子宮や卵巣に到達せず、

 

  • 質の良い卵子が作られない
  •  

  • 血流が悪く受精卵が着床しにくくなる

 

などの悪影響を及ぼします。

 

葉酸は、妊娠が成立する前から摂取することを推奨されている成分で、1日に400γgを摂取する必要があるとされている厚生労働省基準をバッチリ満たしているのがショウガ葉酸です。

 

それに加え、体を芯から温める効果のあるショウガオールを、成分を壊すことなく取り入れる“蒸し製法”で最大限取り入れたのがショウガ葉酸なのです。

 

ショウガオールで温活をしつつ、理想的な葉酸の成分量を含んだショウガ葉酸で、妊活に励むのも悪くないでしょう。

 

ショウガ葉酸 飲み方

 

>> ショウガ葉酸がお得に買える公式サイトはこちら妊娠したいのにできない人にショウガ葉酸がおすすめ