妊娠初期の腹痛や便秘、下痢の症状はどんな感じなのかを徹底調査しました!

妊娠初期というのは、ホルモンバランスが大きく変化することから体に様々な変化をもたらせます。

 

腹痛や便秘、下痢のような初期症状も現れ、症状の種類や度合いは人により様々で、全くないという人もいます。

 

という訳で、自分の身に起こっている症状が、妊娠初期の症状なのかどうか分かりにくいというのが実状です。

 

実際に症状を体験したことが多いと言われる、腹痛や便秘、下痢の症状はどんな感じで現れるのかというと…

 

妊娠初期の腹痛の症状

 

妊娠初期の時に腹痛が起こると心配する人が多いと思います。

 

しかし、この時期の腹痛は暫く安静にしておけば良くなることが多く、あまり心配する必要はないのです。

 

でも、中には流産をする可能性もある腹痛もありますので一概に腹痛全てが大丈夫とは言えません。

 

妊娠の初期の段階で腹痛が起こる原因として考えられるのは、子宮が大きくなることです。

 

赤ちゃんがすくすく育つと同時に、子宮へと流れる血液の量が増えることで筋肉が引っ張られ、それを支える靭帯も伸びることで痛みを感じます。

 

生理痛のような痛み、ズキズキした痛みなど感じ方は人それぞれですが、立ち上がった際や体を捻った時などに痛みを感じやすいため、体勢には注意が必要です。

 

原因が子宮が大きくなることで起こる腹痛の場合は、少し安静にしておけば痛みは徐々に改善されるので心配は入りません。

 

しかし、中には出血を伴う腹痛や強い痛みを感じる腹痛が起こる場合があります。

 

そのような腹痛の場合は流産の可能性もありますので早く医師の診察を受けるようにしましょう。

 

妊娠初期の便秘の症状

 

妊娠すると便秘になる人が多いと聞いたことがありますが、これは、ホルモンバランスやストレスが原因で起こります。

 

妊娠が成立するとホルモンの分泌が活発になりますが、そのことで大腸の働きが活発になり水分を吸収することで、便の水分量が減り便が硬くなってしまいます。

 

また、分泌が活発になったホルモンには筋肉を弛める効果があり、それが腸の動きを悪くし、便秘になってしまいます。

 

その他にも、妊娠初期の時というのは心身ともにストレスを感じる時期でもあり、自律神経のバランスが乱れ大腸の動きが鈍くなり便秘になってしまうことがあります。

 

便秘が酷いとつい便秘薬を飲んでしまいそうになるかもしれませんが、市販の便秘薬は赤ちゃんに影響を及ぼす恐れもありますので、自己判断では飲まないようにしましょう。

 

また、妊娠中は変にいきむと赤ちゃんに影響したり、流産してしまうのではないかと不安に感じる人が多いようです。

 

それが原因で余計に便秘になってしまう場合があるのですが、排便のためにいきむ位では赤ちゃんに影響はないと言われています。

 

それよりも、出血や激しい痛みが伴うような時は流産の可能性もあるということで、そんな症状が診られる時は早めに診察を受けましょう。

 

妊娠初期の下痢の症状

 

妊娠初期に便秘になる人が多い反面、下痢になる人もいます。

 

下痢の原因は便秘の時と同様、ホルモンバランスやストレス、子宮が大きくなること、食事の偏り、処方された鉄分の薬の影響などが考えられます。

 

悪阻が酷く体調を崩しがちになることからストレスの蓄積や体の冷え、食べられるものが限られてくるなどが原因で下痢になってしまうことがあります。

 

下痢=流産と心配する人もいますが、妊娠初期の下痢は赤ちゃんには何も問題が無いことがほとんどですので安心しましょう。

 

しかし、下痢と共に激しい腹痛や出血を伴うような場合は注意が必要ですので、そんな症状が診られる時は早めに診察を受けましょう。

 

妊娠初期の段階の腹痛や便秘、下痢などの症状は問題がないことが多いのであまり心配し過ぎないようにしましょう。

 

>> トップページに戻る