妊娠の初期症状と生理前の症状の違いとは?

妊娠が発覚し、自覚する症状が身体に現れるまでは人それぞれ違います。

 

妊娠超初期の妊娠が成立した時から変化に気付く人もいれば、妊娠が分かった初期の段階で症状に気づいたという人もいます。

 

しかしその反面、何も症状がなくそのせいで妊娠に気がつくのがだいぶ遅れたという人もいて、人によって症状は違うものです。

 

しかも、妊娠初期の症状と生理前の症状が似ていることから、いつもの生理前の症状が出ているのかと思いきや、実際は妊娠しており、その症状だったということもよくあります。

 

妊娠の初期症状と生理前の症状で似ていること

 

  • 眠気、体がダルイ
  •  

  • 少量の出血
  •  

  • 胸の張り
  •  

  • 下腹部の痛みや違和感

 

このような症状は類似しており、初期の症状が妊娠しているためなのか、普段と変わらない生理の前の症状なのか分からない違いで判定しづらいです。

 

妊娠の初期症状とは?

 

  • 生理予定日を過ぎても生理がこない
  •  

    これが症状の中で1番分かりやすいのですが、日頃から生理がきちんと来ない人であれば気づかない事が多くなります。

     

  • 高体温
  •  

    通常、生理予定日前に体温が低下するのですが、妊娠していると体温は下がらず高いままです。

     

  • おりものの変化
  •  

    妊娠が成立すると、ホルモン(黄体)が要因でおりものの量が増え、透明や白色のサラサラしたおりものが分泌されます。

     

  • 食べ物の好き嫌いが変わる
  •  

    これまで好きだった食べ物が食べられなくなったり、嫌いだった食べ物を好んで食べるようになったりなど食の好みが変わり、お腹が空いた時に吐き気をもよおしたりします。

 

これらの症状は、妊娠の初期に起こる症状で生理前の症状とは異なってきます。

 

妊娠の初期症状実際に感じたことがあるという人は、生理が来るであろう予定の日の前に普段とは異なる体の違いが分かったという人が多いようです。

 

生理の前になるとイライラして怒りっぽくなるなんて言います。

 

ですが、このような症状はエストロゲンやプロゲステロンというような女性ホルモンの分泌される量が変わることで起こると言われています。

 

女性ホルモンの変化が要因となり妊娠の初期症状も起こり、色んな心身の変化が赤ちゃんを授かったママに訪れる訳です。

 

どちらの症状も女性ホルモンが影響しているので、症状が似てきてしまうようです。

 

日頃とは何か異なる生理前の症状があった時、妊娠している可能性は高いのではないでしょうか。

 

妊娠を望む人が、自分の身に起こっている症状が初期症状なのか生理前の症状なのか分からずモヤモヤすると思います。

 

ですが、妊娠検査薬を使うのは、正しい結果を出すためにも使う時期をきちんと守ることが大切です。

 

あまり考えすぎるのは良くありませんので、肩の力を抜いて普段通りの生活を送りその時が来るのを待ちましょう。

 

>> トップページに戻る